新規登録

パスワードをお忘れの方

PCゲーム

モバイルゲーム

期待中~~

ホーム>>リネージュ RMT(予約制)

現場では事故収束に向けたRMT取り組

作者:RMTWM    発表時間:2011-11-15    コメント(0)    番号:T|T
充実したリネージュ RMTゲームライフを楽しんで頂くため事故を一層深刻にしたのは水素爆発だ。国際的な尺度でチェルノブイリ原発事故と並ぶレベル7と評価され、日本の原子力開発史上最悪となった事故の発生から8か月。現場では事故収束に向けた取り組みが続く。1、3号機のほか、定期検査中で炉内に燃料がない4号機でも、隣の3号機から流入したとみられる水素が爆発。9月末には、原子炉底部の温度も1~3号機全機で100度を切り、現在はさらに約40~70度に下がった
いずれも、コンクリート製の建屋が大破し、内部の設備がめちゃめちゃに壊れた。最大の目標は、原子炉を100度以下に冷やし、放射性物質の放出を抑える「冷温停止状態」の達成。冷温停止状態は年内に実現する見通しだ。被害が大きく作業が長期にわたるため、政府と東電は事故収束への道筋をまとめた工程表を作った。福島第一原発の吉田昌郎所長は12日、記者団に対し、「安定しているといっても、(敷地内の)線量はまだ高く、日リネージュ rmt々の作業は危険もある」と述べた。 福島原発防護服と防護マスクに身を包み復旧作業に従事する作業員(12日午前、福島県大熊町の福島第一原発で)=代表撮影発電所の海側の道路横に、押しつぶされたタンクが残っていた(12日午前、福島県大熊町で)=代表撮影東京電力福島第一原子力発電所では、東日本大震災後に1~3号機がメルトダウン(炉心溶融)を起こし、大量の放射性物質を外部に放出した
6月には、放射性物質で汚染された大量の水を専用の処理装置で浄化して冷却リネージュ RMTの通貨を効率よく稼げない方にもに再利用する「循環注水冷却」が始まった
ユーザID: パスワード: 認証コード:
ログイン
新規登錄