新規登録

パスワードをお忘れの方

PCゲーム

モバイルゲーム

期待中~~

ホーム>>FF11 RMT

FF11 RMT アドゥリンの魔境

作者:RMTWM    発表時間:2013-11-25    コメント(0)    番号:T|T

新エリアFF11 RMT 

▼カミール山麓

ウォーの門を抜けた先に広がるカミール山の麓。

古くからこの地域は雪と氷に閉ざされ、人の進入を拒んでいた。深い雪に覆われながらも多くのビースト類が生息し、それらの存在が開拓における大きな障害となっている。


ファイナルファンタジーXIファイナルファンタジーXI

 


▼ウォーの門

マリアミ渓谷やモリマー台地、カミール山麓と繋がる南北に長い洞窟。

南にはヴェルク族の姿が見られるかと思えば、北側の内壁が凍結しているなど、南北で洞窟内の温度差が大きい。また最奥には年代不明の遺跡が確認されている。


ファイナルファンタジーXIファイナルファンタジーXI

 


■新モンスター

▼ラズ

ビースト類ラズ族。

左右に突き出た大きな牙が特徴的なビースト類。強靭な脚力による突進は岩をも砕くと云われる。

▼ルセーユ

ビースト類大羊族。

カミール山麓に多く生息する羊の一種。

穏やかな性格だが、開拓者に敵意を向けてくることもある。


ファイナルファンタジーXI


▼オヴィム

ビースト類大羊族。

ルセーユに比べ、はるかに大きな体を持つ大羊。

その巨体は対峙する者にとって大きな脅威となる。


ファイナルファンタジーXI


■新七支公FF11 RMT 

▼絶零公クムハウ/セフエジ族)


ファイナルファンタジーXI


ウルブカ大陸を守護すると云われる伝説の獣。

内陸にそびえるカミール山の麓で、ビースト類の頂点に立つ。

白銀のたてがみと鋭利な牙、そして輝く氷晶の鎧を持つとされるが、遭遇できた者はごく少数のため、情報の真偽は未だ定かではない。

彼の者の報告によれば、耳をつんざく雄叫びが猛吹雪を呼び、氷の槍が舞い、気付けば氷山が出来上がっていたと云う……。

霊峰に轟く咆哮を耳にしたなら、そこはクムハウの縄張りであることを意味する。

侵略者が周囲の冷気に気付いたとき、絶対零度の「狩り」が始まる。

振り下ろされる氷の剛爪は、決してためらうことはない。

ユーザID: パスワード: 認証コード:
ログイン
新規登錄